長女のこと:起きてられないほどの体調悪化

21. 寝るのが嫌いな長女が良く寝るように

寝るのが 大嫌いな 長女おねがいが毎日 昼に 寝るようになっていました。
以前 なかなか寝ない長女に寝ない理由を聞くと
長女おねがい寝ている間に  楽しいことが起こるかもしれない! だから 寝たくない!」そう言っていたのに、毎日寝る長女おねがい
起きていられないようにしか 見えませんでした。
間もなくピアノ🎹の練習をしていると右手と 左手の音が 微妙に ずっと ズレていました。ガーン
ピアノ🎹がとっても上手い人ならまだしも 8歳そこそこの女の子が意図的に出来る訳がないのです。
長女おねがいあれっ? なんでだろう?
何度弾いても微妙にズレてしまう。
私は 長女おねがいに何かが起こっているのか薄々気づいていました。
でも信じたくない!!という思いが強く、思い違いであって欲しい!と心から願っていたのです。
しかし長女の体調はどんどん 悪くなったのです。

長女小学校一年生の時の写真です。
他のもう一枚の写真と一緒にGAPのモデル応募で撮った写真です。
この時期が長女にとって1番元気だった時だと思います。

21.2. 急激な体調悪化

息子と 次女の 七五三の写真を撮った時、夫と私は長女の変化に気づいていた。

夫 & 私「あれっ? おねがい太ったからかな?ブサイクになったよね?」
↑長女 ごめんね。
夫 & 私も ブサイクなのに、自分を棚上げて。


ちなみに 長女 2年生の時

可愛いですね〜
↑親バカです。お許しください。。。

そして 長女 1年生の時

可愛いですね〜
↑親バカです。お許しください

そして長女三年生の時

急に なんか。??? でもこの時には 既に 病魔に侵されていたのです。

22. 小児科受診 CT

長女おねがいは小児科を受診し、蓄膿症かもしれないという事で 抗生剤💊を貰って飲んだが、顔面麻痺の症状は改善されず体調は日に日に悪くなっていた。
体育の日を含む 三連休中に長女おねがいは 一人で歩けなくなってしまった。
寝ている時間も長くなっていた。
今思えば 起きていられなかったのだと思う。

連休明け私は どうしても 仕事が休めなかったので、私の母👵にいつもの 総合病院🏥の小児科に連れて行って貰った。

CTの予約日はまだ先だったが、小児科のドクター👨‍⚕️も驚いて急遽CTを撮ってくれた。
私は 職場で長女おねがいが 顔面麻痺が起こり 体調が悪い為 受診中である事を告げた矢先私の職場に私の母👵から電話☎️が かかってきた。

私の母👵が職場に電話☎️をかけてきた事が無かったので、嫌な予感しか しなかった。
そして それが 的中してしまったのです。

当時小学校3年生だった長女おねがいが着ていた上着🧥
現在 三女照れ5歳が着ています。
長女おねがいは小さい子でした。三女照れも大きくなりました。
ちょうど12年位前に購入して長女おねがい→姪っ子3人→次女ニコニコ→三女照れと6人着ている上着🧥です。
でも三女照れは喜んで着ています。
後ろ姿が長女おねがいにそっくりです。

23.大学病院の救急外来へ

私の母からの電話で「CTの結果 先生が『すぐに 大学病院で 診て貰って下さい!』って 紹介状書いて貰ったから すぐにN病院に来て!」と言われた。

職場に事情を説明し 直ぐに車で向かった。私は 車の運転が 苦手だ。
しかも 長女のことで パニック状態。
初めての 全く知らない道を どうやって 運転したのか 覚えていない。
(カーナビはありましたが。)

ただ、都内の病院のコンパクトな駐車場に 車を停めるのに焦りもあり とても 苦労した事だけは 覚えている。
救急外来で待っていた 長女と 私の母と 合流するとすぐ側に居る 私の母から メールが来た!

「読んでも 大きな声を出したり 大きなリアクションはしないで!CTの結果 長女の頭に 異常がある!」と。

側に居る 長女に 心配させないよう 私の母の 配慮だった。
私は 予想はしていたが、やはり 最悪な事態が起こっている事への 大きな動揺と 落胆を長女に 悟られないよう 努めて 冷静を 装った。
そんな 私の努力は虚しいほど、長女の CT画像を見たであろうドクターの動揺がドア越しに 聞こえてきた。

24. 耳鼻科 慌てる医師

近所の総合病院からの 紹介状に顔面麻痺の症状がある と書かれていた為、大学病院へ着いたら 耳鼻科に行くように言われた。

私(脳外じゃなくて いいのか?でも 脳外だったら 困る。 耳鼻科であって欲しい!)そう願っていた。

しかし、耳鼻科の 診察室の前でドア越しに耳鼻科のドクターの慌てぶりが聞こえた。
長女のCT画像を見たであろう
耳鼻科のドクター「なんだこりゃぁ。たっ 大変だ!!! 直ぐに 小児科の先生と脳外の先生 呼んで!!!」と言う声が聞こえて来た。

耳鼻科の前で待っている 小児は長女しかいない。

長女「どうしたんだろう?」不安がる長女。
私「どうしたんだろうね。。。」と 極めて 冷静を装った。心臓は バクバクしていた。
直ぐに 小児科の先生と 脳外科の先生と思われるお医者様が 二人走って診察室に入った。

数分後、二人のお医者様が出て行った。
そして 程なく診察室に 長女が 呼ばれた。

耳鼻科の診察室に入ると耳鼻科のドクター「CTの画像 見せてもらいました。で、脳外の先生にも見てもらったんだけど、脳外科で診てくれる事になったから。お大事にして下さい。」と 追い出すように あっと言う間に 耳鼻科の診察は 終わった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました