のんちゃんママ

そのほか

発達に偏りのある長男の中学受験体験記 46~

46. 意味が分からない 長男は、 1月に本命中学(いわゆる滑り止め) 2月に第1志望中学(いわゆるチャレンジ校)の二校のみ、それぞれ複数回受験するつもりでした。が、塾の先生が物凄く良い!と勧めて下さった中学☆☆も受験することにしま...
長男のこと

発達に偏りのある長男の中学受験体験記 44~45

44. 受験初日(1月受験)の合格発表 <平成31年(2019年)1月のことです。> 1月の中学入試初日を終え、ドッキドキで合格発表を待ちました。長男が受験した〇〇中学は第一回の入試は特待生入試でした。なので、塾の先生に「第一...
三女のこと

三女のこと 34~35:人にやさしくなれますように

34. 脱水で涙も出ない 三女は心臓の手術後前回の手術の時に乳び胸になってしまった事もあり、慎重にミルクが再開された。 心臓病の三女が生まれてきてくれて初めて知ったのですが、心臓にとっては体の水分が少ない方が血液の量が減り、心...
長男のこと

発達に偏りのある長男の中学受験体験記 41~43

41. 学校選びに関する一つの考え方 中学受験で1月入試と言えば!という中学があります。近郊の県から2月入試の本番に向けて中学受験をする子の大多数が受験する中学があります。長男はその学校🏫は受けませんでした。長男が通...
三女のこと

三女のこと 30~33:やっと赤い赤ちゃんに成れた

30. 毛細血管が張り巡らせていた 三女の手術は8時間の予定だった。 予定時刻を過ぎても何の連絡もなかった。 予定時刻を一時間程過ぎた頃、手術待機室に「手術が終わりましたので、集中治療室へおいで下さい」という連絡が入った...
三女のこと

三女のこと 25~29:長女が守ってくれる

25. 全員参加の診察 この頃の三女は2週間に一度受診していました。 病院🏥へ行く以外はずーっと自宅のリビングか寝室で過ごしていたので、外に出るのは病院へ行く時だけ。 私も私の母👵が来てく...
三女のこと

三女のこと 21~24:酸素飽和度との闘い

サチュレーション サチュレーションとは酸素飽和度を意味する医療用語。酸素飽和度は、動脈血のヘモグロビンのうち何%が酸素と結合しているかを表したもの。正常値は95%~99%だそうです。 以上、ブログ管理者調べ。 21. 全...
三女のこと

三女のこと 17~20:可哀想ではない メガネと同じ

17. 風邪をひかせてはいけない 三女が退院した時に循環器内科の先生から「泣かせないようにして下さい。それと風邪を引かせないようにして下さい。風邪が命にかかわるので風邪をひいたら入院だと思って下さい。」そう言われていました。 ...
三女のこと

三女のこと 14~16:ミルクも飲めないし泣いてもいけない

14. 手術後ミルクを飲めない新生児 生後二週間でBTシャントという手術を受けた三女BTシャント手術後3日目NICUに面会に行くと目を覚ましていた。 人口呼吸が取れて、NICU(新生児特定集中治療室)の看護師さんが「午前中から...
三女のこと

三女のこと 9~13:一時的に心臓が止まった?

9. 驚き 三女の心臓カテーテル検査の後小児循環器内科の先生が気になることを言っていた。小児循環器内科の先生「カテーテル検査中に不正脈が起きてしまいましたが 今は大丈夫ですから。詳しくは明日説明します。」 と。 翌日朝から夫と...
タイトルとURLをコピーしました