三女のこと:先天性心疾患

1. 心臓病

車の中から 夫に電話した。
私「エコーで   赤ちゃんをよく見てもらったんだけどね 先天性心疾患だって。
   心臓の間の膜に 穴が開いてたりする ファロー四徴症っていう 心臓病だって・・・。」

夫「そっか。最初から そんな事 言ってたもんなぁ。
   でも 生きられるよね?」

私「30年前なら 生まれてすぐに  生きられなかったらしいけどね
   今は医学が進歩して どこまで元気に過ごせるか って所まで 来てるんだって。」

夫「そっか。。。 脳幹部(長女の疾病)は 神経だもんなぁ。。。」

夫も私も お腹の赤ちゃん(三女)が 元気になれるのは 本当に嬉しかったのですが
長女おねがいのことを考えると 複雑な思いでした。

私「のんちゃんに もう一度 生まれてきて欲しかったけど、
   もしのんちゃんなら また 元気に産んであげられないからね。」

夫「そうだね。」

私「でもね   のんちゃんなら 病気を選んで 生まれてくるかもしれないね。」

夫「そうだね。」

私は この本を読んでいたので 当時 本当に 心から そう思っていました。
そして夫には 自分の体のせいで 赤ちゃんが心臓病になってしまったかもしれない事を
言えませんでした。

2. 心エコー

妊娠33週🤰なった頃
小児循環器内科の先生が 胎児の心エコーをしてくれることになった。

私の 分厚いお腹のお肉を通って
赤ちゃんの体の中の 小さな 心臓の 血管までわかるなんて 本当に凄いですよね!

ただ
やっぱり 産まれてから 赤ちゃん👶のカテーテル検査をしてみないと診断の確定は出来ない
そう言われていました。

妊娠24週の時には ファロー四徴症の疑いと言われていたが
33週のエコーでは 1時間近く エコーをして頂き
小児循環器内科の先生「はっきり見えない部分があって 可能性としては
 両大血管右室起始症両大血管転位が考えられる
」と言われた。
聞いても 全くわからなかった。

とにかく 何度も呪文のように唱えて 病室に戻ってから 検索し続けた。

良くなった とは 決して言えない事実が そこには書いてあった。

ファロー四徴症なら 産まれてすぐに手術しなくても 大丈夫な子もいる。
そこに かけていた。。。

だが 33週の時点で
小児循環器内科の先生「産まれたら 手術をしないと 家には 帰れないでしょう。
   まだ 確定ではないですし   見えにくかった部分もあるので
2週間後に   もう一度 エコーで見てみましょう

そう言われた。

心配はあった。 でも
小児循環器内科の先生「お腹の中の赤ちゃん👶は   元気ですからね!
そう言われて

私“心臓は病気があるけど、元気なんだ!”と とても嬉しかった。

もうこれ以上 病気がありませんように!と いつも祈っていました。

この「ピエトロ おうちパスタ ごま醤油ガーリック」は
ニンニク好きには簡単 美味です酔っ払い酔っ払いランチにぴったり!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました